「8つの集客演出」と粗品タオルの関係性。

2016/11/11
by 日本 太郎

集客を演出する方法について

 

 

企業やお店、個人の方など事業を行う上でやはり集客というのはどこも大切になります。企業の場合ですと、新規の取引先が増えることで収益もあがりやすくなります。お店や飲食店の場合は、新規の来店客が増えると人気店として口コミにもなりやすく、個人で商売しているコンサルタントの方やその他でも新しいクライアントが増えたりすることで繋がりも増えていくことでしょう。

(※同様に大切なのが顧客フォローによる取引継続のフォローとなります。)

 

では、どのような集客の演出があるのか下記に書いてみました。

 

 

集客演出の8つの方法

 

 

会社規模や、予算の考え方・設定方法、タイミング・業種業態にもよりますが全体的に考えられることが以下になります。それぞれ専門企業や企画からすべてワンストップでできる会社まであると思います。もっと多く世の中にはありますが、分かりやすくはこの8つでしょう。

 

 

・グラフィック装飾

・デジタルサイネージ

・WEBプロモーション

・DTP・チラシ制作

・リスティング広告

・ポスティング

・イベント展示会

・販促品

 

 

上記をそれぞれ分解して見たいと思います。

 

 

>グラフィック装飾

 

大型店舗やオフィスや店舗なの「空間」を魅力的に演出することです。空間にも壁・床・天井・ガラスなどがあり、ビジュアル化することにより、ブランドイメージをグラフィックにより創り出し魅力的に演出すること。

 

>デジタルサイネージ

 

屋外・店頭・公共空間・交通機関などの場所で、電子的な機器で情報を発信するシステムのことです。視覚的な、直観的な行動をしてもらい利便性という点で楽しめるような仕組みです。

 

>WEBプロモーション

 

 

インターネットを通じてブランドコンセプトや、人が集まる仕組みを演出するのことです。いまでは、スマートフォンやアプリなどを通じてさまざまなコンテンツ(事業者の中身)を発信することです。

 

 

>DTP・チラシ制作

 

 

飲食店やサロンなどでも、昔からある紙面を使った制作物をさしています。ポイントカードやメニュー、サービスなど、いまでは主にショップなどでよく使われています。

 

 

>リスティング広告

 

 

スマホやパソコンでgoogleなどを検索したら「広告」として掲載されるネット広告のことです。ホームページへ効率的に人を集めていけるため、利用者は増え続けています。Facebook広告などもこの部類にはいります。

 

 

>ポスティング

 

 

チラシを作った後のイベント告知や地域へのエリアを限定してポストへ投函することです。代行業者を主に利用して活用しているようです。不動産関係の方などは、いまでも頻繁に利用しているようです。

 

 

>イベント展示会

 

 

イベントを企画して地域住民に集まってもらい、集客も兼ねて人を効果的にあるめることです。最近では、飲食店の催事的なこともここに含まれているでしょう。また、ビックサイトなどの全国的な大きなイベントで代理店を探すなど、事業者にとっては1日で多くの方と接する機会が増えます。

 

 

>販促品

 

 

メインではなく、あくまでも集客しやすくするための付加価値のことです。販促品を使うことでいろんな客層に喜んで手にとってもらいやすくなったり背中を押すことができます。

 

 

それぞれ特徴やポイントがある!

 

 

集客の演出としては、いま必要なことや必要でないこともあります。各社考えながら予算を組んで取り組むことだと思いますが、8つの集客演出の特徴から知りましょう。また、どのようなシーンで活用するか考えてみましょう。

 

 

(空間=店舗)

 

・グラフィック装飾

・デジタルサイネージ

 

(ネット=空中戦)

 

・WEBプロモーション

 

(啓蒙=広告)

 

・DTP・チラシ制作

 

(ネット=即行動)

 

・リスティング広告

 

(リアル=日常)

 

・ポスティング

 

(リアル=お祭り)

 

・イベント展示会

 

(促進=行動喚起)

 

・販促品

 

 

各専門の方から言えば違うよ!と言われそうなところもありますが、
ご不安な方は各専門の方へご相談ください。

 

 

つまり、どれもそれぞれ必要なシーンで必要な行動をとってもらうためにある演出です。その中でも、低い予算で末端の方の行動を喚起することができるのが販促品です。実際に当店へご相談いただく企業の方では販促品としてタオルを使われている会社はネット会社や最新のクラウドの企業、大手の企業まで相談いただきます。

 

理由としては、どんな新しいサービスやITでも販促という部分をつけて展開することで大きな成果や結果が得られやすくなるということでしょう。(※当店の理解です)

 

大手でも小規模でも、大事なことは変わらず世の中の原理原則や集客を演出し行動して感謝されるまでの中に、粗品タオルを初めとする販促品がポイントになります。新規の集客だけではなく、大事なクライアントとのフォローとしても使えたりと粗品タオルが柔軟な広告ツールの一つとしても注目されていることは嬉しいことです。

コメント

投稿はありません

新規投稿