btobの効果的な広告宣伝の方法。

2019/03/16
by 日本 太郎
広告宣伝の方法

btobとは


企業間取引とは、製造業者と卸売間、または卸売と小売間など、企業の間での商取引のこと。対照的な用語は、企業対消費者間取引、企業対政府間取引である。 B2B取引の規模は、B2C取引のそれよりも遥かに大きい。
ウィキペディア(Wikipedia)参照 


つまり、企業と企業の取引のことを指します。


botoの10の広告宣伝方法

 



1、チラシ

商品やサービスをデザインして
キャッチコピーとともに受け取ってもらう
または、配布してバラマき受け取ってすぐに反応して
もらいます。

2、パンフレット

会社紹介などブランディングに必要な紹介として
パンフレットを作成して広告宣伝します。
何かしらの商品サービスの反応を後押しします。

3、ホームページ

情報配信や、会社紹介、問い合わせして
もらうフォームの設置など、すぐに反応してもらったり
検討してもらう内容になります。

4、ネット広告

今すぐほしい方に、ホームページをみてもらうための
広告です。コピーと一緒にレスポンス率を高めます。

5、展示会・イベント

体験してもらったり、見てもらったり見込客となる方と
接触するための場となります。

6、ブログ

情報発信するためでコピーライティングにより
行動してもらうための情報を提供します。

7、ポスティング

チラシなどの配布業者にポスティングしてもらい
エンドユーザー向けとして主に使われます。

8、メルマガ

お客様との接触回数を増やして、オンラインで
情報をキャッチしてもらうためにあります。

9、粗品・名入れタオル

イベントや販促などあらゆる場面で人や会社との
深い関係を築くためにあります。生涯顧客に発展
しやすくなります。

10、販促品

特典して、商品やサービスを受け取ってもらうために
あります。




広告宣伝のを効果的に行う方法




企業における広告宣伝は、SNSの普及によりオンラインで
広告宣伝する企業が増えているのは事実です。TV電話による
営業マンのリソースを削減する訪問しなくても営業効率を
図れるツールも同時に最近では増えています。


広告宣伝は、軸となるブランディングを行い
その中で、広告宣伝のツールを用いて情報やカラーを
発信し、ユーザーに受け取ってもらうことが重要です。


例えば、オンラインだけで完結するネット通販などの
場合には、直接顧客と会う必要はありません。
(BtoC)

しかし、建設関係や、その他の中小企業の場合、大手の
オンラインだけでは解決することが困難な会社の場合には
「訪問して顔を見て、直接話す」ことが契約や、その後の
長期的な大切なクライアントとして深くつながることができません。


仮に、オンラインで解決できるのは最初のアプローチだけであって、
契約を行った後は、メルマガだけでは競合他社に価格や、その他の
価値提示により奪われてしまうことが多々あります。



◎効果的な宣伝

 



アプローチには、大きく3段階あります。

1、ホームページなどのオンライン
2、契約(オンラインか訪問)
3、アフター(訪問かメルマガ)


このように、3つのフィルターで区切られています。
世の中的に、すべてを効率的にビジネスを進めるために
オンライン化が進んでいますが、こんな会社はいるのではないでしょうか?


「〇〇会社の顧客をひっくり返すのは困難」



◎実はやっているアナログ接触




100%と言ってよいほど、顧客とのつながりが深い会社には
訪問という手段や、オンランでは完結できない要素をアナログで
つかんでいます。

その一つが、粗品タオルや名入れタオルを
訪問の際に、私していく。


そんな古いやり方を・・・・
という方もいることは間違いありません。

しかし、なぜ
粗品タオルや名入れタオルが昔から使われて
いるのか?を理解すると考え方は変わります。



広告宣伝のベースにタオル




タオルって、誰でもしっています。
その使い道も想像できます。会社には必ずタオルが
どこかにあります。


古くから、もらってうれしいタオルというよりも
もらっても困らない要素の方が大きく、使って
もらえると長期的に「名入れした箇所の会社名」を
覚えてもらい思い出してもらいやすいから使われてます。


由来は、別にありますが、
やはり宣伝としての要素で使われ続けており、
当社にも、有名企業からのお見積りや注文もよくあります。


古きよき文化の中に、タオルが存在しているため
企業としての広告宣伝には効果的に使われやすいのです。



あらゆる、広告宣伝方法の中に、
名入れタオルを用いて深い関係を築くきっかけを
つくってもらえると嬉しいものです。

コメント

投稿はありません

新規投稿