企業用 名入れ タオルを使う用途を明確にしよう!

2019/03/15
by 日本 太郎
企業名入れタオル

こんにちわ。名入れタオルの秋成屋です。
お客様から寄せられるご相談内容から
以下の質問のご回答をしたいと思います。

------------------------
※当社では、お客様のためになる情報を定期的に
配信して名入れタオルを有効活用していただく
ための参考となればと思っています。
------------------------



Q,企業用 名入れ タオルの
使い道はどんな事がありますか?


当社では、法人向けの専門の名入れタオル業者として
日々全国の企業様や団体様からお問い合わせをいただきます。

その中で、もっとも多いのが
名入れタオルの使い道です。

・ただ配るだけではもったいない。
・受け取った方にとってメリットはあるのか。
・名入れタオルで毎回同じ内容を入れがち。

このようなお悩みがあるようです。

校正サンプルデータも無料で作成している
秋成屋ですが、作成する中でたしかに
同じような内容になることが多い傾向です。

これは、一般的な名入れの印象があるため
受け取った方には逆に安心感となるという側面があります。



この質問の回答としては、


A、企業用の名入れタオルの作成の目的は何か?
を明確にすることです。



具体的にする、明確にするという意味としては
名入れタオルをどのような場面で配るのか。
ということです。


いろんな用途がありますが、
例えば、



・工事用の挨拶周りにつかう
・企業の挨拶周りにつかう
・イベント(展示会)の際に配る
・顧客との接触のために使う



このようなケースがあります。

この目的に応じて、名入れタオルの
内容も変化させると名入れタオルの幅が広がります。

 



例1)

目的:企業の挨拶周りに使う
タオル:日本製200匁白名入れタオル
熨斗:熨斗ポリ袋
名入れ文字:ロゴ+キャッチコピー+屋号+ホームページURL+住所


例2)

目的:イベント展示会でばらまく
タオル:海外製200匁白名入れタオル
熨斗:名刺ポリ袋包装
名入れ文字:ロゴ+キャッチコピー+屋号+ホームページURL+住所


例3)

目的:工事挨拶タオルで使う
タオル:海外製180匁~200匁白名入れタオル
名入れ文字:屋号+ホームページURL+住所



このように、使い方によって商品も適正があり
当然価格が異なってきます。


多くバラマク場合は、海外製でも良質の品質であるため
コスト重視で使う場合には、海外製タオルがおすすめです。


顧客への定期訪問で営業マンが使う場合には
日本製200匁や日本製220匁を使うことでお客様への
特別感を与えることにもなります。


企業用の名入れタオルの場合には、
相手が企業か個人かという場合など
さまざまな用途の中で、基準を設けて
活用されると名入れタオルの使い道の幅が広がることでしょう。


※最近では、チラシは捨てられますが、
名入れタオルは、確実に受け取り長期的に
広告プロモーション効果があるといわれております。


ぜひ、参考にしてみてください。

コメント

投稿はありません

新規投稿