企業ブランディングに名入れタオルを活用!

2019/03/20
by 日本 太郎
企業ブランディング 名入れタオル

中小企業だから必要な企業ブランディング。

最近では、ブランディングという言葉を
聞くことが多くなってきていると思います。

競合ひしめき合う中で、ユーザーに御社を
選んでいただく必要があります。

そのために必要なのがブランディングです。



ブランディングとは?


会社の「ブランド」を形成するための活動を指します。
ブランドは、企業の会社デザインやロゴマーク、キャッチコピーなど、
様々な要素が組み合わさってブランドを形作ります。

その後、その「ブランド」を消費者に認識してもらい認知。
その市場における企業ののポジションニングを明確にするのが「ブランディング」です。




〇〇といえば、御社。




当社でいえば、「名入れタオルと言えば秋成屋」です。
御社でいえば、何でしょうか?


最近では、インターネットを通じてブランディングを行う
企業が増えてきています。むしろ、インターネットをフル活用して
行うことが大切です。



例えば、建設関係でいえば、

・リフォーム
・新築
・リノベーション
・メンテナンス
・建築
・ビルメンテナンス

など色々あります。

 



そして、展開している地域もあるかもしれません。


・東京都
・神奈川県
・大阪府
・北海道
・福岡県


その中で、さらに地域を限定している事もあります。



これらの中には、多くの競合が存在します。
競合の方が、サービスで優れているや、アフターが充実しているや、
価格が安価や、規模が大きいなど御社より優れていることもあるでしょう。



これらの中から、
御社を選んでいただく必要があるのです。



そのための基準を、ブランディングを通じて
示していき認知認識し判断してもらうことが重要になります。
今後、さらにブランディングは必要になると想定します。




今すぐ取り組めるブランディング。




〇〇と言えば御社」を一言で表し、統一性や一貫性を重要視する。
市場にはいろんなニーズが存在し、情報を探しています。

わかりやすいコピーで、市場に言葉や視覚的に伝えていくことから
開始することが重要です。

ホームページのデザインや内容、チラシやパンフレットなど
イメージから視覚的に人は認知していきます。

そのため、お客様との接触までに統一感や一貫性が大切になります。



97%が知らない既存顧客へのブランディング。



顧客接触のブランディングは広告を配信しなければ牛歩レベルで
市場に認知していくことでしょう。

しかし、すでに御社のクライアント(顧客)へのブランディング
行わないほどもったいないことはありません。

その理由として、クライアントは
受け止めやすく、理解しようとしてくれるスピードが速く
紹介もいただけやすいのです。



名入れタオルでできるブランディング。




当社では、名入れタオルを取り扱います。
企業様がメインになりますが、毎月のようにご購入して
いただける企業様がいます。理由は、同じコピーとロゴを
名入れして、クライアントの挨拶回りに持参して配っているのです。

他社は、チラシをわたししている中で、この企業は名入れタオルを
受け取ってもらっているのです。



この違いはブランディングに大きな差を生むことは想像
できるでしょうか?



チラシは、捨てられます。
名入れタオルは、受け取ってもらえます。

チラシは、受け取っても無くします。
名入れタオルは、受け取って使ってもらえます。

チラシは、一瞬の効果になります。
名入れタオルは、長期の広告になります。




これからのブランディング。




オンランのブランディングのみだけではなく、
繋がりの強化として、名入れタオルを用いて
大切なクライアントとの関係を深めていくブランディングが
重要になっていくことは間違いありません。




ぜひ、参考にしてみてください。

コメント

投稿はありません

新規投稿