【建築派遣 粗品】名入れタオルを渡そう!

2018/10/29
by 日本 太郎

●建築派遣向けの粗品は名入れタオルが効果的な理由。

 

東京オリンピックに向けて、また全国で震災が続いたこともあり建設業界、建築関係者は人でが不足していると各方面から耳にします。また、建築業界では後継者がいない状況で根本的に人材不足が今後続くとの懸念があるようです。実際に、知り合いの方にもお話しをお聞きする機会があり現場の状況は本当に人でが足りずに毎日大変なようです。インバウンド向けのホテル開設など、建設業界には活気がある中で、人材不足で建築派遣会社さまにとってはチャンス到来とうことも言えますね。マッチングしていくことで、より国内の景気の後押しになればうれしいものです。

 

<建築派遣は建設業界と密接な関係>

 

もちろんですが、業界的に建築業界にかかわりのあるお仕事をされています。実は、この関係にはタオルも重要な架け橋になっています。

 

<建築派遣会社は、粗品タオル(名入れタオル)で販促)>

 

いまでは、インターネットで派遣のお仕事を探される会社様もあると思いますが、業界的に人情という点がとても大事になります。建設関係者向けのお仕事をされている派遣会社の方や、建設現場で施工される業者様など、建築・建設に関係する部分で粗品タオル(名入れタオル)が集客のきっかけになったり、信頼度をアップさせる要因だったり、営業マンと会社のかけ橋になることまであるのが、粗品タオル(名入れタオル)だったりします。

 

最近では、フェイスブック・インスタグラム・ツイッターなどのSNSが盛んですが、建築関係者では、実際に実務としてビジネスにかわったり、会社の信頼性という点ではホームページが存在しているかどうかくらいで十分なのです。

 

やはり、大切なのは会社と会社をかけ持つ営業マンだったり、会社と個人をつなぐ施工スタッフだったり、人と人をつなぐ事、そして消耗品のほうがとてももらってうれしくなるのです。業界的に、古いのではなく、文化を大切にしているという点ではとても大事な業界なのです。

 

●粗品タオル(名入れタオル)の効果的な使い方

 

一般的には、宣伝目的ではありますが、建築派遣の会社様からしますと、信頼度をアップまたは継続的に利用していただくためのつなぎ役として、会社の名前や担当者を思い浮かべてもらうことが大切になります。

 

粗品タオル(名入れタオル)では、会社の名前とホームページURL,電話番号などを最低限タオルに印刷することをお勧めします。また、全国にある営業所や支店がある場合には各拠点で同じ内容の粗品(名入れタオル)を一斉に配布していくとブランディングにもつながるでしょう。

 

コメント

投稿はありません

新規投稿