不動産会社が差別化の対策で、すぐにできる効果的な方法とは?

2016/11/11
by 日本 太郎

インターネットで賃貸物件や売買物件、リノベーション物件その他と探せる時代になりました。先日TVで、賃貸物件を探している夫婦が値下げ交渉の際に使えるのが、インターネットで事前に物件を探してきたことを伝えると交渉もしやすくなると言った物件情報を探しているユーザーにとってメリットのある豆知識を配信していました。

 

逆に、物件提供者である不動産会社としては大変になる時代といえるでしょう。不動産会社は全国にも賃貸や売買など専業として行っているところや総合的に営んでいる会社など相当数が存在していることでしょう。

 

 

不動産会社の競争激化

 

 

アットホーム、SUUMO、HOMES、などを中心に物件情報を検索できるサイトがあり、瞬時に物件情報から自分にあった条件で情報を探すことができます。つまり、最初は物件情報から入り、取り扱いの不動産会社へたどりつき問い合わせする流れの構図ができています。

 

ユーザーからすると、どんな不動産会社でもよい、物件がよいからそれでよいという場合や、相談した先の不動産会社の担当者の対応や会社の有り方などで別の不動産会社へ相談する場合もあります。

 

その際に、基準となるのが「丁寧・親切」という目線で判断されます。ユーザーの立場からすると、どこの不動産会社も同じだが、「●●不動産の方が対応がよかった」という1つか2つのポイントだけで契約を決めています。

 

そこで、不動産会社は差別化を行う必要性もでてきています。これまで、良い立地にあったいう条件だけで、近くの不動産会社へ相談し物件を一緒に決めていましたが、今ではすでに物件が決まっている状態で、相談し「丁寧・親切」かどうかだけで判断されます。

 

競合他社が、綺麗なホームページを作ったり、使い勝手のよいスマホサイトにしたり、新規開拓のための受け皿の強化を行うことはあっても、実際に足を運んだあとの店内での対応に注目している会社は案外すくないのかもしれません。

 

インターネットでコンテンツ(中身)という言葉を耳にするようになりましたが、リアル店舗でも同じようにこれまでと異なる、またはさらに強化する必要があるのがコンテンツになります。例えば、店内に足を運ばれた方に対して、素敵な笑顔とおいしいお茶を出して一緒に物件を探すことも重要です。しかし、どこも同じように行っているため、ユーザーも慣れてしまいます。

 

例えば、

 

・物件閲覧不要な方に、タッチパネルで担当者不在で契約前まで進めることができる(※あとは、契約だけ)

・見たい物件情報を物件見ずに動画等で詳しく見れる

 

このような、時間がない方や接客にストレスがある方向けに便利なツールを準備したりすることもよいかもしれません。しかし、やはり来店してすぐの対策に目が行きがちですが、やはり接客対応中やその後の検討する場合のことが重要だったりします。今は、即断即決という文化は怪しい会社と見なされるくらい情報を探すことができるため、愛や情熱という担当者の力量と会社の姿勢が問われてくると感じます。

 

 

 

来店者に、粗品を渡すことで一歩抜き出る信用度

 

 

 

これは、粗品タオル(名入れタオル)に限らず人から親切にされたり、他社が行っていない気遣いをされるだけで、人は親切度が格段にアップします。完全に心理的なことになりますが、今の時代だからこそとても大切です。

 

タオルの場合ですと、会社のロゴや屋号名・住所・ホームページなど名入れすることができます。ただし、お渡しする場合には、熨斗包装して丁寧な状態で気持ちとしてお渡しできます。タオルなんて・・・と思われている企業の方もいるようですが、実際には大手企業を含めて実績を残されている会社ほど名入れタオル(粗品タオル)を配布する週間があります。これは、なぜ配布するのかに理由があります。いろんな粗品商品がありますが、タオルというのは日常で利用されやすく、持ち帰った方はほとんどが利用します。雑巾になることもあるかもしれませんが、定期的に洗濯される時に「名入れ文字」を確認するという継続的な宣伝効果もあるからです。物件をあなたの不動社会社で決めてもらった場合にも、名入れタオルを配布することで、次の物件探しの時に親切にされた記憶とともに思い出してもらいやすくリピーターになりやすいということも言えるでしょう。

 

 

 

まとめ

 

 

ちょっとした気遣いが、契約の判断基準になる時代です。ハイテクなツールばかりが世の中情報として飛び交う中で、ちょっとしたアナログ要素を取り入れて定期的に根付かせていくことでその会社の特徴となりイメージとして評価をアップさせてくれるでしょう。親切で丁寧な不動社会社として思い出してもらえる、ブランディングはできていますか?

コメント

投稿はありません

新規投稿