カーディーラーの販促は名入れタオル(繁忙期前の備えよう!)

2018/10/29
by 日本 太郎

自動車業界にもとても忙しい時期(シーズン)があります。繁忙期は購入者も増加し、買取りの査定額も変動すると言われています。中古車販売店や、新車取り扱いカーディーラーにとって事前の販促活動は重要課題となるのではないでしょうか。

 

 

●繁忙期の目安

 

 

車業界の繁忙期は、2月、3月ですが、こんの時期には、就職や転職、新生活の方の購入需要が高まり大変忙しくなると言われています。また、乗り換えなども含めると業界的に近隣競合のカーディーラーとの競争が激化します。

 

繁忙期が2月、3月の場合には、御社で購入された既存客への乗り換えのお得なキャンペーンや、紹介キャンペーンなどいろんな対策を行うのではないかと思います。また、新たな新規の来店客向けに自動車の購入タイミングのチャンスも増えて、保有車両のお試し運転なども行うことでしょう。

 

カーディーラーの販促だけではありませんが、やはり事前のPRと来店してからの試乗や店内の丁寧の接客以外に、販促商品を渡したり購入動機のトリガー(引き金)のポイントをいくつも準備することが早い段階で契約へ踏み出す勇気となり御社にとってもハッピーな結果になります。

 

 

 

●購入動機のトリガーとは?

 

 

マーケティングの世界では、消費者の購買トリガー(引き金)というポイントがあります。

 

例えば、

カーディーラーの場合に、

来店されたお客様は何を求めてくるのか?

 

多くは、欲しい車を探しにくると思われますが、

実はそうではないケースもあります。

 

車に関する知識や教養は消費者は無知にひとしく

見た目のデザインや機能に驚き感動します。

 

しかし、これでは購入の決め手にはならず

安いの高いので判断されがちです。

 

最ももとめていることは、その車に乗って

自分がどんな生活スタイルになるのか、

休みの日に彼女や子供と一緒に出かける時に

どんな楽しみがあるのか?

 

具体的に、実際に買った時のイメージが想像できた

ディーラーで購入します。

 

そこで重要になるのが、購入動機(トリガー)を強く刻める方法が販促物を事前に渡したり、お話しの合間だったり、検討後だったりでさりげなく持ち運べるものを渡すことで会社としての信用性が高まり上記で記載したような行動を喚起するきっかけをつくりだすことができます。

 

 

●情報が行きかい迷う消費者の見方になろう

 

 

ネットが生活の便利を生み出し、同時に複数の情報を処理できない人間が生まれてしまいました。今後もさらに情報は増加し、取捨選択ができない時代と人間が生まれます。特に、専門分野(車のことなど)については、プロに任せたいという担当者にもたれかかる会話が増えているのではないでしょうか。こういう時代だからこそ、担当者のお勧めや、具体的なイメージを想像されたり、選択の基準を提案したり、情報を整理してあげることが消費者にとっては嬉しいものです。

 

 

 

●カーディーラーの販促は日用品で十分

 

 

良いもの、素敵なものは、みんなすぐに手に入ります。だからこそ、普段買うことがない販促品が重要だったりします。それに懐かしさを感じたり、強い心遣いを感じたり、こころ温まる会社や担当者だと思われたりするでしょう。

 

最近は、よく日用品が販促品が使われていますが、理由としては前述のようなことからだと言えます。

 

タオル(名入れタオル)も同じように、普段自分では購入しません。今治タオルのような高級なタオルはギフトでもらうことがあっても、会社の名前が入った販促タオルを足を運んだディーラーからもらえると、特別感もでやすくなります。また、カーディーラーとしても、会社の名前や連絡先を名入れすることで、検討中の方も丁寧な接客をしてくれたあなを思い出すことでしょう。既存の固定客にも、いつもの感謝として定期的に渡すことで更にファンになります。

 

 

 

●まとめ

 

 

繁忙的前に事前に準備したり、定期的に配布する名入れタオルを持つことであなたの大切なお客様との絆も深まり、新規の方に渡すことで、契約のきっかけになることでしょう。名入れタオルがカーディーラーの販促として役に立てればうれしいです。

コメント

投稿はありません

新規投稿