【非鉄金属 企業】の買い取り数のアップは名入れタオル!

2018/10/29
by 日本 太郎

非鉄金属(ひてつきんぞく、non-ferrous metal)とは、鉄・鉄を主成分とした合金、鋼以外の金属のすべてを指します。普段馴染みのない私たちでも、最近ではホームページなどで頻繁に見かけるようになりました。業界的には、一定のお客様の層に感じますが、当店へのご注文をいただき定期的にいただく方の中にも非鉄金属業界の方が多く、挨拶周りとしてタオルをご利用いただいています。

 

個人的に、どのような内容を非鉄金属企業なのか調べてみました。

 

 

主な非鉄金属の一覧は以下。

 

○軽金属:アルミニウム/マグネシウム/ナトリウム/カリウム/カルシウム/リチウム/チタン/○ベースメタル:銅/スズ/亜鉛/鉛

○レアメタル:ニッケル/クロム/マンガン/モリブデン/タングステン/ビスマス/カドミウム

コバルト

○レアアース:セリウム/ネオジム/プラセオジム

○貴金属:金/銀/白金

○放射性金属:ウラン/プルトニウム

 

 

業界web誌より。

 

非鉄金属は自動車や電子機器、住宅向けなどの需要が多く、こうした業界の動向が非鉄金属業界の動向に反映されます。平成25年以降の非鉄金属業界は、海外の自動車や住宅需要の好調を受け一部回復の兆しがみられました。

一方で、日本の非鉄金属各社は海外から銅や亜鉛などの鉱石を輸入し、製錬所で地金を生成します。原料となる鉱石は大半を海外からの輸入に頼っているのが現状で、為替や資源メジャーとの精錬マージンによって収益力が大きく影響を受けます。

(業界動向search.com引用) HP:https://gyokai-search.com/3-hitetu.html

 

 

(買い取りする業者様向け)

 

ホームページなどで、上記のような非鉄商品の買い取りなどを積極的に行っている企業にとっては、為替などの変動によって買い取り価格が変わったりするようです。企業の方や個人の方まで受け付けるなど、案外日常で目につくような商品が掲載していました。金属スクラップなどまで行うなど、チラシなどで目にする買い取りですが、このようにホームページで定期的な情報配信しているのは驚きでした。その際に、名入れタオル粗品タオルは販促商品としては適しているため、非鉄金属の企業様から人気の理由が分かりました。買い取り数にも影響するのは、やはりどんな会社へ依頼するべきか、業界的にも知らない人が多いため一般消費者や民間企業などにも名入れタオルを通じて配布することで根強い認知ができることは間違いありません。

コメント

投稿はありません

新規投稿