タオル 名入れの効果!チラシよりも宣伝効果が高い!?

2018/10/29
by 日本 太郎

●名入れタオルについて。

 

お客様に自社を知ってもらうための必要な販促ツールと言えば、何を思い浮かべますか?名刺、チラシ、カタログ、パンフレット・・・のような、基本的な販促ツールとなる紙製品を思い浮かべる人も多いでしょう。経済的に余裕があればラジオやテレビCMを流すなんて方法もありますが、簡単に取り入れられる方法ではありませんよね。

 
名刺やチラシに加え、もう一歩お客様に印象づけたい!とお考えなら、販促グッズはいかがでしょうか?販促グッズとはカレンダーやボールペンなどの製品に自社のネームを入れ、お客様にお配りするものです。商品をいただいて嫌な気持ちになる人はいません。むしろ名刺やチラシのような一方的な営業ツールを渡すだけよりも好感を抱いていただけることができます。そして、そんな販促グッズの中でおすすめなのが「名入れタオル」です。
なぜ、数ある販促グッズの中でもタオルがおすすめなのか?名入れタオルにはどんな効果があるのかをご紹介します。

 
 
●カラフルなチラシよりも宣伝効果が高いもの。
 

 

 

自分のブランドや自社をアピールするために必要なものの一つに名刺があります。ですが、小さな名刺1枚では十分な宣伝活動を行うことはできません。もっとよく知ってもらうために、カラフルなチラシを作るという方法もあります。ですが、チラシを作ることは手間も費用もかかること。情報を整理し、見やすく配置し、目を引くための色を選び・・・と、デザインを考えるだけでも時間がかかります。さらに印刷所にて見積もりを確認、注文、発送と、手元に届くまでにも日数を要します。お客様の手に渡るまでに長い時間がかかるチラシですが、いざ手元に渡ればすぐに古紙として捨てられてしまうことも珍しくありません。「いま必要でない」「興味がない」と思われてしまえば、どんなにカラフルでデザインに優れたチラシでも、不要なものとなってしまいます。

 

 
では、名入れタオルはどうでしょうか?たとえ知らない会社の名前が入っていたとしても、気にせず利用する方は多いです。名入れタオルは昔からなじみのある販促グッズです。わざわざ新品のタオルを捨てる人はいないでしょう。ご家庭や企業によっては長く利用し、生活の一部になじんでしまうこともあります。コストと時間をかけながらも一瞬で捨てられてしまうかもしれないチラシと、長く愛用される名入れタオル。もちろんチラシにも多くのメリットはありますが、コストと時間に対して宣伝効果が大きすぎる名入れタオルを利用しないのは、もったいないことかもしれません。

 


●タオルが日本人に愛されている理由。

 

 
日本には古くから「手ぬぐい文化」があります。鎌倉時代から日本人の生活に浸透していた手ぬぐいは、現在でも愛用されている日用品です。ただし現在では使い勝手がよくて生産数の多い、水気をよく吸うタオルを使用する方が多いでしょう。きれい好きでこまめに手を洗い、体を洗い、汗を拭う日本人はタオルをたくさん使用します。使い古したタオルをさらに掃除道具として利用する人もいます。日本人にとってタオルは必要不可欠なもの。ご家庭はもちろん、会社やお店にタオルがないなんてことはありませんよね。普段は意識しなくても、人々が生活し、働く場所には必ずタオルが存在します。それほどまでに人と生活に密着したタオルに、名前を入れてお渡しすることには大きな意味があります。

 


●名入れタオルはお客様とのコミュニケーションツール。

 

 
名入れタオルはお世話になった方々や、これから縁を繋ぎたい方々とのコミュニケーションツールになれる存在です。生活の一部に溶け込むことができる名入れタオルだからこそ、その名前はタオルに触れる人々の記憶に刻まれるようになります。何度も使うことで愛着が湧き、その気持ちはタオルに入れられた名前にまで影響を与えます。肌を洗い終わった後に水気を拭いたとき、したたる汗をぬぐったときには心地良さを感じます。自分を気持ちよくさせてくれる日用品に名前があれば、自然とその名前に親しみを覚えるようになります。

 
自分のタオルはもちろん、家庭で使用しているタオルの色や柄を覚えている方は多いのではないでしょうか?たとえば友人の家に行ったとき、使っているティッシュや歯ブラシ、洗剤などが自分の家と同じものだったら、親近感がわきませんか?日用品にはそれほどこだわっていないと思っていても、いつも何気なく使っているものほど深く思い入れがあったりするものです。そんな日用品に名前を入れ、使用していただく方々に愛着を持っていただくのが名入れタオルの役目です。決して目立ち過ぎず、生活の一部になじみながらも、いつの間にか心に刻まれるようになります。強引な営業を行って不快感を抱かれるよりも、自然と受け入れてもらえることで興味を抱いていただける方が嬉しいですよね。名入れタオルは自分とお客様との関係を繋ぎ、ひっそりと育むという大切な役割を果たすことができます。


コストが抑えながらも、じわじわと人の記憶に刻むことができる名入れタオルの宣伝効果は意外と大きなものです。目立ち過ぎないシンプルなものにこそ、大きな力を宿すことができます。お客様へのコンタクトを取りたいのなら自社をアピールするよりも、まずは粗品タオルをお渡しすることから始めてみませんか?

クライアント メール 挨拶と名入れタオルで信頼度2倍!

2018/10/29
by 日本 太郎

●クライアント メール 挨拶の書き方

 

<初めての相手に送るビジネスメール>

 

訪問型で、初めての方にお会いした場合や、交流会で名刺をもらいご挨拶のメールをお送りする際に重要になるポイントがあります。多くの方は、初めてお会いした方や企業の担当者や経営者の方と挨拶したのちに、お礼のメールや今後ともよろしくお願いしますというメールをお送りするかと思います。クライアントへのメール挨拶は最低限のビジネスマナーとなっていますので、まずはお送りする習慣をつくりましょう

 

<具体的なメール送信のポイント>

 

メールツール(gmailやアウトルックなど)を活用して送信しますが、共通でメールの送信の際のビジネスマナーを抑える必要があります。

 

・メールアドレス

名刺を確認し、メールアドレスを間違えいようにメモ帳などに先に書き出して、それをコピーすることで間違えずにメールアドレスを入れ込みやすくなります。

 

・件名

相手が複数のメールの中で、最初に目立つように挨拶とわかるように記載します。ビジネスとしてクライアントにメール挨拶をお送りする場合には、「御礼(㈱●●●」、「昨日はありがとうございました(㈱●●)」という御礼とわかるように件名は記載します。1日に名十件と受信する相手の忙しい日々の中で、仕事の優先準備をつけてメール振り分けをしている方であれば、すぐに処理するメールなのか、じっくり対応するべきかなど管理しているため、挨拶をあなたから先に送信している場合には、送信して時間経過が少ない時間に返答がきやすくなります。

 

・メールの書き出し

挨拶のマナーとして、名前を先に記載しましょう。(㈱●●の□□です)と会社名とあたなの名前でメールは書き出します。

 

・文面

メールの文面というのは、短くても長くてもわかりやすく相手にわかりやすく伝えることです。そこでよくありがちな文面は下記のような内容です。

 

一般的例)

 

㈱●●の□□です。

昨日は、ありがとうございました。

 

弊社では、××という商品を扱っています。

ご相談などは、お電話でも受け付けていますので

ご気軽によろしくお願いします。

 

 

これは、クライアントへの挨拶文例としてはよろしくない内容です。

理由としては、挨拶メールに「宣伝」が入っているためです。人脈作り、契約交渉、商材提案などの場合にとっても大事になるのは「関係性ができてないのに提案する」です。これは、インターネットでも同じですし、メールの場合でもどうようです。弊社にも、後日メールで挨拶される方の中にも1回目からprや宣伝する方がいますが、マナーとして早すぎるとすぐに感じます。どんなに、コミュニケーションが上手な方でも同じでしょう。

 

 

良い例)

 

㈱●●の□□です。

昨日は、貴重なお時間ありがとうございます。

 

○○様とのご縁は今後の私にとっても社にとっても

成長するために重要なきっかけとなりました。

 

これから、○○様や御社にとって

お役にたてることがございましたら

ご気軽にご連絡いただけますと幸いです。

 

それでは、今後ともよろしくお願いいたします。

 

 

このように、自社や自分のprよりも「ご縁」に感謝していることや、「何か悩みや相談があったら一生懸命頑張ってくれそう」な文面にすることが大切です。どんな仕事をしている会社かは、ホームページを見ればわかりますが、相手がどんな人で、この人と今後かかわっていけるかどうかの信用という点で関係をつくるきっかけを与えることで次回に相談がきやすくなります。

 

 

●クライアント メール 挨拶から関係を気付く方法

 

<メールはあくまでも繋ぐため>

メールで挨拶し、相手からアクションを待っていてもタイミングが合わない、日常の業務が忙しく忘れてしまうものです。とっても、いい人で終わるのはビジネスとしてはよくないと理解しましょう。チャンスは、誰も同じように来るものですが、チャンスは作っていき、きっかけを相手に与えていくようにしましょう。タイミングによって相談しにくいなどは、ありますが、接触頻度が高い人には相談されやすくなるものです。メール送信後に、1週間程度何もリアクションがなくても、自分からもう1通送信してみてください。

 

<2回目のメール>

挨拶は終わり、2回目以降に送信する場合には「情報」を提供します。同時に、訪問する予定を立てます。2回目のメールには、「相手の会社や個人にとって有益な情報を送ります。」内容は、相手のことをしっかり調べて送りましょう。宣伝ではなく、あくまでも情報です。

 

<訪問をする>

予定をたてて、相手のスケジュールを聞いて訪問ではなく、先日の挨拶として訪問します。これは、ただ伺ったという記録を残すだけでよいのです。その場合に、不在の場合が大半だと思いますが、その際に活用すると効果的なのが「名入れタオル(粗品タオル)」です。

 

近くに寄ったのでという理由をつくり、今後の縁を深めるきっかけを名入れタオルを使って心理的に繋ぐのです。

 

私が以前、訪問型で営業経験をしていた時には、「君は、ほんとうにいつもタイミングがいいよね!相談したいことがあるからちょうどよかった」と頻繁にクライアントから相談されていました。これも、コツとしてネットで相手のお仕事の業界ニュースやホームページを見て世の中の情報を常にとって相手に提供だけしていました。こういう情報をあたえる1分の訪問でも、相手の様子をうかがってタイミングをはかって連絡したりすることで、タイミングがあってきます。

 

 

●クライアント メール 挨拶と名入れタオルの関係性

 

<挨拶メールと名入れタオル>

 

名入れタオルは、会社名や宣伝文句や問い合わせ番号を印字します。訪問した場合に、来た記録を残し印象に残すのには最適です。よく、名刺を置いて帰る営業マンがいますが、収納されやすく記憶に残りません。名刺管理をしているところで同じ方の複数の名刺があっても困るものです。そこで、名入れタオルは消耗品なので、特定の人に会いたくて訪問しても、名入れタオルの場合は社内でつかえるため会社全体の印象と評価につながりやすくなります。毎月1回配っていても、何枚あっても嬉しいものです。

 

このように、デジタルとアナログを組み合わせて是非クライアントのメール挨拶から取引開始、取引継続まで活用してみてください。きっと素敵な未来がまっています。

【旅館】リニューアルオープンに最適な販促タオルで顧客をガッチリ♪

2018/10/29
by 日本 太郎

●全国の旅館の数

 

全国の旅館・ホテル業の数をご存じでしょうか?

厚生労働省に記載している数では、

 

平成27年3月末現在の旅館業の営業許可施設数は、7万8,898施設であり、前年度より621施設の減少となっている。うち、ホテル営業施設数は9,879施設、旅館営業施設数は4万1,899施設、簡易宿所数は2万6,349施設となっている。(衛生行政報告例より)

 

約4万施設ある旅館業ですが、フリーペーパーや雑誌などで特集されている数をパット思い浮かべてもこんなに想像していませんでした。これだけの数があるとは驚きですね。

 

旅館などは、夫婦、カップルや友人、家族のイベントなどで利用されていると思いますが、旅館業を営む側からすると、これだけの数があれば近隣でもライバルとなる同業者が混在している地域・エリアもあることでしょう。

 

また、年々現状傾向にある旅館ですが、インバウンド向けとして設備を充実しているホテルなどに比べると国内需要をつかむために営む方が多い印象です。同時に変革時期としてい各旅館の方も販促活動にも強化しているのではないでしょうか。

 

 

●旅館の販促方法

 

 

旅館といえば、シーズンに左右される印象があります。その悩みは、顧客サービスとしてのスタッフによる、おもてなしの強化や空間の演出、料理のバリエーションなど抱える悩みの中で一番なのが、やはり集客だと想像できます。前項の悩みを抱える場合には、人が来て発生することですし、外への発信力や仕組みがこれから大事になるのではないでしょうか。

 

(想定する悩み)

 

 

  • オフシーズンの稼働率が低い
  • 年々客数が落ちている
  • リニューアルした後の集客方法になやむ
  • 広告代理店に任せきりで自分で集客に取り組んだ経験がない

 

 

 

(想定できる集客方法)

 

 

  • チラシ
  • ポスティング
  • 折り込み広告
  • テレマーケティング(電話)
  • ダイレクトメール(DM)
  • テレビCM
  • ラジオCM
  • 街中広告(看板)
  • インターネット

 

 

 

想定できる旅館集客方法ですが、これは過去の話し神話になりつつある時代に入りいったい何が正解なのか、その戦略や戦術という点では毎日悩むところだと思います。

これは、民間企業の場合も同じことがいえると思いますが、とくに旅館の場合には、古きよき文化を残しながら時代に応じた需要をつかむことが必要不可欠です。

 

 

 

たとえば、インターネットでの集客。

 

昔は、こんな物を誰が使いこなせるのか?という時代がありました。しかし、いまでは年配の方でも使いこなししています。仮に私が旅館業を営み、山奥の秘境と言われる場所に温泉と最高の空間、山の幸をふんだんに使った食事が提供できると想定します。

 

そうなると、必要になるのが「どこにあるの?どんなところなの?どんな人がくるの?どれくらいの時間で?」みたいなことを新規のお客様に知ってもらう必要があります。その際に使うのが、インターネットでの表現になります。徒歩圏内の方に響く、チラシなどを配りまくっても投資に対する見返りは少ないものだと想像つきます。実際にインターネットでは、ホームページをつくりブログなどで継続的に情報を発信することから始まります。

 

ホームページは、いまでは自分でも簡単につくれるためお金をそこまでかけることなく、どこにあるの?どんなところなの?どんな人がくるの?どれくらいの時間で?」を表現することはできます。

 

 

  • 景観
  • とれる食物(季節もの)
  • 周辺地域とのかかわり
  • 食事
  • スタッフ
  • お客様とのコミュニケーション
  • 近隣周辺にある飲食店やお遊び場所
  • おもてなしにつながる行動
  • イベント


など、知りたいことを一生懸命考えるだけでもたくさん記事や写真はとれますよね。

 

 

デザインなどを勉強しなくても、高画質の写真(スマホ)も取れますので、そのような写真と文字だけでも見た人にとっては通じるものがあります。逆に、洗練されたホームページデザインのほうが、秘境となれば必要ないのかもしれませんね。

 

 

●旅館で使える集客方法

 

 

全体的に言えることは、簡単なホームページ+Facebookの組み合わせで日常の情報を配信していくことです。インスタグラムなども余裕があれば利用することも手ですが、配信するツールを絞り配信する中身を充実させていくことで新規の方へ注目を集めやすくなります。

見つけてもらった後には、やはり大事なのはコミュニケーションです。SNSでコメントをくれた場合には、丁寧にコメント返すなども重要です。今度行ってみよう、行ってみたいと興味をもっていただくことが最初に重要になりますが、実際に予約されてこられた方が口コミしたり、外で話したり、SNSで拡散したりと旅館の中が素敵な場合には勝手に配信してくれることでしょう。

その時に使えるのが、販促用のタオルです。リニューアルオープンした場合などは、最初に注目されますので、こられた方に記念として販促用のタオルを無料で配り「名前」と「思い」を一緒に持ち帰ってもらいましょう。よく、次回割引券や販促パンフレットなどを用意してくれるところもありますが、基本的にその瞬間の盛り上がりだけで、余韻として残らず帰宅したら思い出だけが残ってしまいます。

販促用のタオル(粗品タオル・名入れタオル)の場合には思い出とともに自宅でお風呂用のタオルなどでも使ってくれます。この差は大きく、2回目以降のリピートにつながるかどうかの生命線になるとも言えます。名入れタオルの場合は、日常で使ってもらえることから、常に広告として家の中にあります。思い出す時にはホームページを見て思い出す前に、名入れタオルに印字している文字やロゴから「ここにまた行こう」となりやすくなります。

継続的に、来館客へ販促用のタオルを配っている旅館の方は、やはりリピーターになりやすいようでとても喜んで頂いています。

 

 

●消耗タオルと販促タオルの使い分け。

 

 

昔から、旅館では温泉に入る前に「自動販売機」でタオルが購入できるものがあります。これは、販促という意味ではなく消耗品というイメージが強いため、ユーザーにとっても「もらった」印象よりも「使った」という過去の話しになりやすいため販促用のタオルと使い分けることをお勧めします。

ガソリンスタンド向け!洗車タオルと粗品タオルの違いとは?

2018/10/29
by 日本 太郎

車を乗り続けている方にとっては、ガソリンスタンドの場所やサービスには敏感になるところです。

ちなみに、全国のガソリンスタンドの数を知ってますか?

 

平成元年には、60,000ヶ所以上もあったガソリンスタンドは、年々現象し、ほぼ半減して33,000ヶ所までになっているようです。石油価格の高騰によるものや、都市部での車離れも原因の一つでしょう。一方で、最近では、人件費を削れる「セルフサービス」制のガソリンスタンドが増加しています。

つまり、ガソリンスタンドには「セルフスタンド」と「フルサービススタンド」があるのです。

 

 

・フルサービススタンド  → 人材を用いてガソリン補充

・セルフサービススタンド → 自分でガソリン補充

 

 

簡単には、このような内容でしょう。フルサービススタンドにこれまで慣れていた人(わたしも)からすると、セルフスタンドは、本当にちゃんとしたガソリン入ってるのか!?

 

なんてことも思ったこともありました。しかし、よく考えるとフルサービススタンドの場合には、複数人の人件費も発生するためセルフよりも高くなります。決して変なガソリンは入っていないのです。

 

最近では、セフルをよく利用します。しかし、フルサービスの方がサービスという点で満足しますし、ガソリンを入れる以外の安心感があるものです。いまでは、皆使い分けをしているということです。

 

 

 

洗車タオルと粗品タオルの違い。

 

 

スタドに入ると、フルサービススタドの場合には窓を拭いてくれたりします。その際に、利用しているのがタオルです。雑巾のようなタオルにはなりますが、やはり毎日利用しているとボロボロになるため新しいタオルを使ったりすることでしょう。

 

また洗車するためのタオルなどガソリンスタンドの場合には、タオルを頻繁に使います。その際に、洗車用のタオルとしてよく使われているのが、マイクロファイバータオルや、160匁や180匁くらいの少し薄でのタオルを使い分けたりします。粗品タオルの場合には、スタンド側がお客様に対して感謝期間やお得なキャンペーンの時などのイベントの時に無料配布して来店を促すタオルです。

 

 

違いとしては、タオルの厚みが主な違いになりますが、洗車用だったり渡すためではなく消耗するためであるため薄くてもよいのです。その場合には薄手のタオルで安価で大量に仕入れておくと便利です。海外製の160匁~180匁くらいの薄さは、温泉などで自動販売機で購入できる安価なタオルだと思ってよいでしょう。

 

一方で、粗品タオルの場合にはお客様に配布し受け取ってもらい日常使いしてもらったりするため、日本製や海外製でも200匁くらいがおすすめです。もらった方も、しっかりしたタオルをありがとう!と感謝されるくらいのタオルになります。一般的に、企業で粗品タオルや名入れタオルの場合には、200匁であれば間違いありません。記念品の場合などでは、220匁や240匁くらいの厚みのほうがお勧めです。

 

 

ガソリンスタンドの差別化

 

 

いちユーザーとしても、フルサービススタンドの場合には利益のこともありますが、やはり定期的に感謝際していたり、粗品タオルを配布しているくらい賑わっている方が運転している側からするとお得な印象を受けるため行う方がよいのになと感じることがあります。

 

窓ふきは、追加オプションですと言われた経験がありますが、その瞬間に別の親切なスタンドやセルフに流れてしまいます。セフルスタンドの場合も、補充はユーザーですが、管理するスタッフがいると思います。その場合に、自分で窓を拭くためにタオル利用無料とか書いておくだけで親切な印象をうけます。そのタオルを定期的に変更することで常に管理が行き届いているとも感じます。ガソリンスタンドが差別化するためには、やはり何か別のことを過剰なサービスではなくても定期的に行うことだと思います。その際に、年齢層が若年層から高齢者まで幅広いため、どんな人にでも貰ってうれしい粗品タオルが印象アップに役立つでしょう。

 

まとめ

 

どんな、業種でも販促は必要です。とくに、業界的に伸びているところや、競合他社が別の切り口で参入し増え続けている場合などは特に差別化するための工夫が必要になります。モノ自体に価値を持たせて販促するだけではなく、粗品タオルのような誰もが使い方をしっているものを定期的に配布し人との接触頻度を増やしていく工夫も大事だということですね。参考になればうれしいです。

 

【建設 名入れタオル】安全大会でも嬉しいタオル!

2018/10/29
by 日本 太郎

●建設業って色々あるんです!?

<一覧>

 

当店では、北は北海道~南は沖縄まで全国の企業様から名入れタオルのご注文をいただきます。その中でも、秋成屋では建設関係の方も多く喜ばれています。しかし、建設業というイメージとして思い浮かぶのは、家を建てる会社やリフィームをされる方をつい思い浮かべてしまいます。そこで、少し調べてみたところ、こんなに建設業というは幅広いことに気づかされました。

 

(総合工事業)

1. 一般土木建築業 2. 土木工事業 3. 舗装工事業 4. しゅんせつ工事 5. 建築工事業 6. 木造建築工事業

 

(職別工事業)

1. 大工工事業 2. とび大工工事業 3. 鉄骨鉄筋工事業 4. 石工・タイル工事 5. 左官工事業 6. 屋根工事業 7. 板金・金物工事 8. 塗装工事業 9. その他職別工事

 

(設備工事業)

1. 電気工事業 2. 電気通信工事業 3. 管工事業 4. さく井工事業 9. 他設備工事業

 

私たちが普段、口にするは「建設会社の方」とついひとくくりにしてしまう言葉には、こんなにそれぞれの専門分野があるのです。いまでは、人手が足りない業種としてもTVやニュースで見かけます。しかし、建設業界の会社が存在し、その担い手の方がいなければ生活できないほどになるでしょう。是非、、盛り上がっていけばよいですね。

 

●建設業にとって名入れタオルが人気の理由。

 

いまでは、インターネットを使って一般顧客の方から相談をいただくようにもなってきた業界のようですが、建設業のお仕事はインターネットで購入したりできるような安価な物でもないため人と人とのかかわりがとても大事な業界といえます。

 

仮に、最初の相談をインターネットからだとしても、物を作ったり修繕したり、改修したりするには現地に出向く必要性があります。これは、施工する会社だけではなく、施工会社へ商材を納入するメーカーも同様です。すべてが人や地域と密接にかかわり、その密度が濃いほどお仕事もきやすいなどのこともあるでしょう。

 

そのためには、人と人をどろくさくても繋がるための手段や方法を試行錯誤します。そこで、人気なのが名入れタオルです。昔からという印象もありますが、数年会社を続けてネット広告などの新規獲得用としての広告を重要視してきた会社も、数年後には名入れタオルを重要視される傾向にあります。これは、勝手な分析でありますが最終的に必要とされ、続けていく必要性のあるものは、会社の維持や発展に欠かせないものだということだと思います。建設業にとって、タオルに会社名を入れたり住所なども名入れすることで、新規の方や仕入れメーカーにも記憶されやすく(その逆もあり)、もっとも効果的で費用対効果のあるのが名入れタオルということだと思います。

 

●建設業の名入れタオルランキング上位3位!

 

(1位)

 

・商品:名入れタオル

・本体色:白

・名入れ文字:一言キャッチコピー+ロゴ+会社名+住所+電話

・熨斗文字:粗品+会社名

・枚数:300枚~2000枚

 

(2位)

 

・商品:名入れタオル

・本体色:イエロー

・名入れ文字:一言キャッチコピー+ロゴ+会社名+住所+電話

・熨斗文字:粗品+会社名

・枚数:300枚~1000枚

 

(3位)

 

・商品:粗品タオル

・本体色:白

・熨斗文字:ご挨拶+会社名

・枚数:500枚~1000枚

 

 

●複数支店がある会社も安心!

 

全国に複数の営業所や支店を構えている建設業の方も多くあります。それだけ、たくさんのお仕事をされている急がしい業界です。よくあるケースとして、東京本社で全国の5カ所へ分納する場合などのご要望もいただきますが、弊社では送料無料でご対応中です。

 

 

●ロゴデータを名入れするのも印象が残る。

 

名入れタオルの場合には、基本的に1色のほうが安価になります。タオル1枚1枚に版押しするため、2色以上になる場合は別工程を挟み時間とコストが発生するため1色よりも値段はあがりますが、最近では印象を残すためにもロゴデータを名入れするケースも多くなっています。無地の粗品や文字のみの名入れタオル以外で少し工夫したい場合はお勧めです。

【建築派遣 粗品】名入れタオルを渡そう!

2018/10/29
by 日本 太郎

●建築派遣向けの粗品は名入れタオルが効果的な理由。

 

東京オリンピックに向けて、また全国で震災が続いたこともあり建設業界、建築関係者は人でが不足していると各方面から耳にします。また、建築業界では後継者がいない状況で根本的に人材不足が今後続くとの懸念があるようです。実際に、知り合いの方にもお話しをお聞きする機会があり現場の状況は本当に人でが足りずに毎日大変なようです。インバウンド向けのホテル開設など、建設業界には活気がある中で、人材不足で建築派遣会社さまにとってはチャンス到来とうことも言えますね。マッチングしていくことで、より国内の景気の後押しになればうれしいものです。

 

<建築派遣は建設業界と密接な関係>

 

もちろんですが、業界的に建築業界にかかわりのあるお仕事をされています。実は、この関係にはタオルも重要な架け橋になっています。

 

<建築派遣会社は、粗品タオル(名入れタオル)で販促)>

 

いまでは、インターネットで派遣のお仕事を探される会社様もあると思いますが、業界的に人情という点がとても大事になります。建設関係者向けのお仕事をされている派遣会社の方や、建設現場で施工される業者様など、建築・建設に関係する部分で粗品タオル(名入れタオル)が集客のきっかけになったり、信頼度をアップさせる要因だったり、営業マンと会社のかけ橋になることまであるのが、粗品タオル(名入れタオル)だったりします。

 

最近では、フェイスブック・インスタグラム・ツイッターなどのSNSが盛んですが、建築関係者では、実際に実務としてビジネスにかわったり、会社の信頼性という点ではホームページが存在しているかどうかくらいで十分なのです。

 

やはり、大切なのは会社と会社をかけ持つ営業マンだったり、会社と個人をつなぐ施工スタッフだったり、人と人をつなぐ事、そして消耗品のほうがとてももらってうれしくなるのです。業界的に、古いのではなく、文化を大切にしているという点ではとても大事な業界なのです。

 

●粗品タオル(名入れタオル)の効果的な使い方

 

一般的には、宣伝目的ではありますが、建築派遣の会社様からしますと、信頼度をアップまたは継続的に利用していただくためのつなぎ役として、会社の名前や担当者を思い浮かべてもらうことが大切になります。

 

粗品タオル(名入れタオル)では、会社の名前とホームページURL,電話番号などを最低限タオルに印刷することをお勧めします。また、全国にある営業所や支店がある場合には各拠点で同じ内容の粗品(名入れタオル)を一斉に配布していくとブランディングにもつながるでしょう。

 

【非鉄金属 企業】の買い取り数のアップは名入れタオル!

2018/10/29
by 日本 太郎

非鉄金属(ひてつきんぞく、non-ferrous metal)とは、鉄・鉄を主成分とした合金、鋼以外の金属のすべてを指します。普段馴染みのない私たちでも、最近ではホームページなどで頻繁に見かけるようになりました。業界的には、一定のお客様の層に感じますが、当店へのご注文をいただき定期的にいただく方の中にも非鉄金属業界の方が多く、挨拶周りとしてタオルをご利用いただいています。

 

個人的に、どのような内容を非鉄金属企業なのか調べてみました。

 

 

主な非鉄金属の一覧は以下。

 

○軽金属:アルミニウム/マグネシウム/ナトリウム/カリウム/カルシウム/リチウム/チタン/○ベースメタル:銅/スズ/亜鉛/鉛

○レアメタル:ニッケル/クロム/マンガン/モリブデン/タングステン/ビスマス/カドミウム

コバルト

○レアアース:セリウム/ネオジム/プラセオジム

○貴金属:金/銀/白金

○放射性金属:ウラン/プルトニウム

 

 

業界web誌より。

 

非鉄金属は自動車や電子機器、住宅向けなどの需要が多く、こうした業界の動向が非鉄金属業界の動向に反映されます。平成25年以降の非鉄金属業界は、海外の自動車や住宅需要の好調を受け一部回復の兆しがみられました。

一方で、日本の非鉄金属各社は海外から銅や亜鉛などの鉱石を輸入し、製錬所で地金を生成します。原料となる鉱石は大半を海外からの輸入に頼っているのが現状で、為替や資源メジャーとの精錬マージンによって収益力が大きく影響を受けます。

(業界動向search.com引用) HP:https://gyokai-search.com/3-hitetu.html

 

 

(買い取りする業者様向け)

 

ホームページなどで、上記のような非鉄商品の買い取りなどを積極的に行っている企業にとっては、為替などの変動によって買い取り価格が変わったりするようです。企業の方や個人の方まで受け付けるなど、案外日常で目につくような商品が掲載していました。金属スクラップなどまで行うなど、チラシなどで目にする買い取りですが、このようにホームページで定期的な情報配信しているのは驚きでした。その際に、名入れタオル粗品タオルは販促商品としては適しているため、非鉄金属の企業様から人気の理由が分かりました。買い取り数にも影響するのは、やはりどんな会社へ依頼するべきか、業界的にも知らない人が多いため一般消費者や民間企業などにも名入れタオルを通じて配布することで根強い認知ができることは間違いありません。

【運送業】は団結力をロゴと色でブランド化(使える名入れタオル)

2018/10/29
by 日本 太郎

いまは、amazonや楽天、yahooショッピングなどの影響で運送業界は大変忙しいというニュースをみますよね。もちろん、当店も同様に企業向けに毎日出荷作業が行われていますが、ネットショッピングの影響で個人向けとしての運送量が増加しています。運送業といっても、当店のようにおもに企業向けの場合や、個人向けの運送、その他、鉄鋼や大型物流などの特殊運送とさまざまあるようです。

 

国土交通省の調べでは以下のように運送業は推移しているようです。

 

 

●平成27年度貨物自動車運送事業者数等について

 
※国土交通省HP参考(http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha04_hh_000111.html).

 

平成27年度の貨物自動車運送事業者数は、前年度に比べ461者減少、車両数は15,548両増加しました。平成28年3月31日現在の貨物自動車運送事業者数は62,176者で、前年度に比べ461者減少(対前年度比0.74%減)した。

 

これを業種別にみると、

 

・特別積合せ    6者増加(2.14%増)

・一    般  495者減少(0.87%減)

・霊    柩   48者増加(1.03%増)

・特    定   20者減少(4.14%減)

 

また、貨物自動車運送事業における事業用車両数は1,373,776両で、

前年度に比べ15,548両増加(対前年度比1.14%増)した。

 

 

人手不足で、退職者の方が自転車で近隣を配達しているなど物流に対して配送する人が足りないという状況は、これまでの日本で無かったことで、これからの物流業界の変化や発注する業者の依頼方法、ネットショッピングが増加することでの無店舗で営業する会社も増加していき新しい日本がつくられようとしている印象です。

 

地方の方では、物流数よりも過疎化が進み配達する効率も悪化するなど、たくさんの物流をこなしながら、効率的に確実に届けるという矛盾も発生するため、今後の運送業界の動向がきになるところです。

 

 

 

特殊運送会社は、営業活動が必要。

 

 

ネットショッピングの場合ですと、大手の運送業者へ依頼することになるので、さほどブランディングやお仕事を受けるというのは半自動的に仕事がくるので必要ではないと思いますが、例えば精密機械の運輸や産廃廃棄物の運搬、異型物・長尺物・コスト削減のための混載物流など企業から運送会社へ依頼する必要がある運送については、営業活動が必要になると思います。その場合に、どこの運送会社へ依頼するほうがよいのか、私たち一般には分からないところです。

 

いまでは、ネットで検索したりもありますが、FAXで営業することも、紹介などもあることでしょう。やはり、そこで大事になってくるので綺麗な車体があったり、保有台数、会社の見え方など透明性がある会社へ依頼検討することになると思います。

 

 

運送会社だからできる車両とアナログのブランド統一化。

 

 

通常の企業ですと、社用車を保有していることもありますが、運送用のトラックは高速道路や市内近郊と目立ちます。ある意味、宣伝カーに変身します。

 

うまく利用して、ブランドを統一しキャッチコピーなどを入れたり、ロゴを入れたり、会社のカラーを一緒にしたり総合的に認知することがしやすい業界でもあります。

 

一部の企業では実施されていると思いますが、「よくあのトラック見るな」と思ってもらえたら、いまはスマホで検索した事務所に帰って検索して業者を探し社内決済の材料になることもあります。

 

その際に、お勧めなのが

 

  • 会社のイメージカラー(黄色・赤・ブルーなど)
  • コピー
  • ロゴ

 

これらを統一して情報として、発信していく方法です。
具体的には、情報発信ツールとして

 

  • ホームページ
  • トラック
  • ウィンドブレーカー(社員の洋服)
  • 販促物

 

これらに、同じ色とコピーを入れるだけになります。営業活動を行う際にはご新規向けや既存の方向けなど工夫をすることは大切ですが、視覚的に入ることに重点をおくことで一発で見て理解されます。

 

 

名入れタオルが業界的に使える。

 

 

企業の方向けであれば、圧倒的に名入れタオルがお勧めです。小冊子や名刺などは、すぐにどこに行ったかわからなくなりますし、その瞬間のみの効果になります。そのため、亭的に営業活動を行う場合には、会社の名前・ロゴ・カラー(タオル本体)に入れて、さらにキャッチコピーも入れることで信用が高まります。

 

 

まとめ

 

 

年賀タオルの時期になると、挨拶用として利用されるタオルで認知していますが、販促物として最近では人気です。年間の計画の中で、販促予算の企画の中に組み込んでみてはいかがでしょうか?きっと喜ばれ、渡した会社で御社のタオルが活用されればクライアントとして定着していくことでしょう。

 

※オリジナルタオルで、タオル全面にプリントするオリジナルタオルは高単価になるため、頻繁に営業活動には利用できずらいため、シンプルなタオルに片側の片面に印刷する方が得策といえます。

オフィス 粗大ごみ産業廃棄物処理業者は粗品タオルで定期契約!

2018/10/29
by 日本 太郎

会社や店舗では、常にゴミの問題が発生します。適当に捨てればよいというものでもありません。不用品の回収業者へお問い合わせするなどして適切に回収してもらいましょう。実際に、会社勤務の方が悩まれていることとして以下のようなことがあります。

 

 

 

  • 不燃ゴミで出すか粗大ごみで出すか迷っている
  • オフィスチェア、組立式なので小さくまとめられるが、背の部分は不燃ごみの袋に入れても飛び出す
  • 粗大ごみを処分したいんですが、お勧め業者を知らない
  • オフィスの備品を断捨離したい(ソファー、会議室の机、古いパソコン(本体・CRT)など)
  • 処分費が発生するのかしないのか分からず依頼できない。
  • 会社の粗大ゴミを安く廃棄したい
  • 会社で出る粗大ゴミ(リサイクルはできそうにない大型オフィス用品・大型家具など)は粗大ゴミシールを貼り処分業者?にお願いするものなのか?
  • 会社で古くなった本棚を処分したい
  • 処分が1つであっても、区の粗大ゴミシールを貼って粗大ゴミ処理ができるのか?

 

 

 

など、多くの会社ではゴミに関するお悩みが多々あるようです。

※県や区により回収が異なると思いますので確認してみましょう。

 

 

また、法人向けに不用品回収業者が回収可能な業者も存在します。
このような法人向けの回収業者にとってはビジネスチャンスです。

 

 

会社がゴミで悩む場合

 

 

どんなゴミが発生するか調べてみました。

 

  • オフィス家具類 デスク
  • オフィスチェア
  • キャビネット
  • 応接セット
  • ソファ
  • 書庫
  • 本棚
  • 戸棚
  • ホワイトボード
  • パーテーション
  • ラック
  • ロッカー
  • 看板
  • コピーボード
  • OAラック
  • ベンチ
  • 会議テーブル
  • 時計
  • OA機器 電話機
  • コピー機
  • FAX
  • 複合機
  • パソコン
  • ノートパソコン
  • モニター
  • スピーカー
  • プリンタ
  • シュレッダー
  • プリンター
  • プロジェクター
  • スクリーン
  • レジスター
  • ラミネーター
  • レコーダー
  • ワープロ
  • ラベラー など

 

また、その他に

 

  •  家電製品 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • ガステーブル
  • 電子レンジ
  • 炊飯器
  • 食線機
  • 掃除機
  • 乾燥機
  • エアコン
  • 電気ポット
  • トースター
  • 電気カーペット
  • コタツ
  • 電気(石油)ストーブ
  • 扇風機
  • ヒーター
  • 空気清浄機(除湿器・加湿器)冷 風機
  • テレビ(TV台)
  • ビデオDVDプレーヤー
  • CDラジカセ・ミニコンポ
  • ゲーム機
  • アンプ
  • デジタルカメラ

 

その他に、店舗用品として

 

  • 店舗什器
  • 厨房用品
  • オープン
  • コンロ
  • 洗浄機
  • ショーケース
  • チャイム
  • レジスター
  • マネキン
  • 看板
  • 照明器具
  • 観葉植物
  • 金庫
  • 代車
  • カメラ
  • バーコードリーダー
  • その他

 

 

データ流出の危険性について

 

 

データ流出の危険性については、法人として不用品回収を依頼する際、データ流出・漏えいに注意する必要があります。

 

ゴミの中には個人情報・企業情報を扱った文書・データが含まれている事が多い為、適切なデータ処分・処理が出来ていないと、情報流出のリスクが高まります。社会的信頼にも関わる為、法人企業の方には特に留意してください。

 

 

・機密情報の一例

 

  • 一般企業              顧客名簿、職員録、給与明細、帳簿、納品書、請求書、見積書など
  • 医療機関              カルテ、レセプト、処方箋、検査記録、心電図、診断書など
  • 教育機関              名簿(生徒・PTA)、通知書、入試関連書類(願書・答案用紙)

 

 

 

法人向けのゴミ回収業者にとってはチャンス!

 

 

個人向けの不用品回収とは別に法人向けでビジネスを展開している企業にとっては、これらのように会社で発生するゴミには重要な資料やデータが存在し、適切に回収してもらいたい会社にとっては信頼できる業者として信用性を高める必要があります。

 

日々の回収業務以外に、会社と会社の繋がりを太くしていく必要があるでしょう。ホームページからお問い合わせをいただいたり、タウンページ、広告などを用いてご新規の取引が発生するケースが多いかと思いますが、最終的には1回のご訪問の際、また1回の回収業務の後がとても会社と会社の信頼を得ていくには重要になります。

 

 

粗品タオル(名入れタオル)を使って安定的な契約

 

 

新規の契約件数を増加していく以外に、固定客やご新規客に対して効果的に親密性を高めるツールを用いることで現場担当者でも、会社の信頼性を高めることができます。

 

それが、粗品タオル(名入れタオル)です。法人の場合には、このタオルを頻繁に挨拶用のタオルとして利用されています。なじみがあるツールだからこそ、信頼性が高まりやすく受け取ってもらいやすくなります。

 

また、名入れタオルにすることで、会社のロゴデータを印刷しイメージと会社の問い合わせ先を印刷することで次のゴミ回収の際に選んでもらいやすくなるでしょう。

 

いまでは、インターネットで検索して業者を探す傾向にありますが、やはり1回依頼したところが親切で、印象がよければ定期的に依頼されます。会社の場合には、何度も業者を選ぶということを嫌います。普段忙しい業務の中で、渡したタオルを見え電話することも少なくありません。定期的に配布することで「いつもタオルをくれる業者」から「●●会社」へと具体的に社内認知していくことで困った場合に相談されやすくなります。そして、社内にいるスタッフが100名だとした場合に、それぞれご自宅のゴミの回収依頼などにも発展しやすく先々の効果にも表れてくることでしょう。

 

 

まとめ

 

 

会社の粗大ゴミや重要書類の回収はどの県でも、どの会社でも悩んでいます。だから、こそ適切な接触方法と正確な回収を行っていくことで定期的な契約を依頼されやすくなります。

オリジナルタオルを安い価格で依頼する方法!

2018/10/29
by 日本 太郎

オリジナルタオルと粗品タオルの違いはご存じでしょうか?

 

自分たちのオリジナルのタオルを作ろうと思った場合に、企業が挨拶用などで配布する粗品タオルとの違いがあります。

 

 

オリジナルタオル
いろんなタオルのサイズに写真や文字やイラストを印刷

粗品タオル
ロット単位で主に企業向け。タオルの片側片面にロゴや文字を印刷

 

 

昔から利用されている、粗品タオルの場合ですとある程度のイメージがあると思います。例えば、クライアント用の挨拶として粗品タオルを100枚単位以上から、自社のロゴや屋号・住所などを版を作製し作成します。販促用だったり、挨拶用だったり企業の信用性を高めたり維持してクライアントとの絆を深めたりするために利用されます。

 

一方で、オリジナルタオルの場合にはサークルや個人がイベントで使うために1枚~10枚などの少数から発注し自分の趣味用として基本的に利用するためのタオルを指します。

 

 

サイズについて

 

 

用途に応じて、オリジナルタオルのサイズが異なります。各会社で取り扱いのサイズが異なってきますが例として記載します。

 

・ミニタオル

・ハンドタオル

・フェイスタオル

・マフラータオル

・スポーツタオル

・バスタオル

 

大きく、この6つのサイズがあります。それぞれ印刷方法や印刷するサイズも異なってきますが、一般的にはスポーツタオルやフェイスタオルが人気でしょう。

 

 

印刷方法について

 

分かりにくいのが、この印刷の質感や方法です。よく見てみましょう。

 

・枠有のプリント

タオルの端まで印刷ができずに、印刷範囲内でプリントできます。

タオルの淵(ふち)に白い枠ができるタイプです。

 

・全面プリント

タオルの端まで印刷可能で、タオル全体にプリントできます。

サッカーサポーターなどでよく見るタイプです。

 

・フルカラープリント

タオルの端まで印刷可能で、写真なども綺麗にプリントされます。

お子様の記念や学校行事で見るタイプです。

 

 

 

 

オリジナルタオルの価格について

 

名入れタオル(粗品タオル)用としてのタオルの場合は、おもに企業向けで複数の枚数を制作するため1枚あたりの料金も数十円~数百円の幅になります。しかし、オリジナルタオルの場合には、1枚1枚のデザインや目的が異なるため1枚あたりの料金は、10,000円~くらいで価格が変動します。

 

用途で使い分けをしよう!

 

個人用途の場合には、オリジナルタオル

企業用途の場合には、粗品(名入れ)タオル

 

 

コストを抑えてオリジナルタオルや粗品タオルをつくる方法。

 

オリジナルタオルを安く作りたい、粗品タオルを安く仕入れたい場合には安く制作する方法があります。これを知っておくのと知らないのでコストが変わってきますのでご注意して相談してみましょう。

 

ポイントとしてあげられるが、以下です。

 

・印刷色を1色にする

・納期にゆとりをもたせる

・イラストレーター等のデータを保有しておく

 

具体的なポイントについて

 

・印刷色を1色にする

 

オリジナルプリントで、写真をプリントする場合には色数は関係ありませんが、自分たちでデザインしたり、思い描いたデザインをタオルにする場合には、いろんな複数の配色で作成されると思います。その場合に、オリジナルタオルを安く作りたいと思った時に見積もりをすると、こんなに1枚が高いの!?と感じたこともあると思います。タオルの場合には、複数の配色で1色1色染めていく工程があり、2色、3色、4色となるとそれぞれに時間がかかってきます。オリジナルタオルを安く検討している場合には、デザインや文字などを1色の場合も作っておきましょう。

 

・納期にゆとりをもたせる

 

タオルの製造工程は、個人や企業など含めていろんなタオルを毎日発注をうけて製造してレールに乗せて進捗していきます。その場合に、急ぎの場合には通常の納期分の中に作業を入れて進める必要がでてきます。その分、早めに欲しいという要望に対して多少の価格変動があります。そのため、ゆとりある通常納期のほうが納期としてはもっとも安価になります。

 

・イラストレーター等のデータを保有しておく

 

個人の方の場合には、なじみがない言葉だと思います。デザインを起こす際に用いるデザインをするツールだと思ってください。このイラストレーターが無い場合には、タオル印刷の場合には、綺麗に印刷できない場合があるため、綺麗にするための作業を加えたり価格が高くなる要因になります。また、イラストレーターをお持ちの場合には、どの会社でも、タオル以外のマグカップ、Tシャツなどでも使えるためデータとして持っている方が先々にメリットがあります。デザイナーさんに依頼した場合などには、必ずイラストレータ-でもらうようにしましょう。

 

 

 

まとめ

 

オリジナルタオルを安く作る方法はわかりましたでしょうか?また、企業向けの場合には粗品タオル(名入れタオル)を選んでみましょう。

 

もちろん、予算や枚数などで使い方はさまざまですが、タオルについてはよく分からないこともあると思いますのでこの記事が参考になればうれしいです。

コメント

投稿はありません

新規投稿